クレジットカード比較の際に気をつけたい注意点

インターネットの普及が目覚ましい現在としては、誰でも一枚はクレジットカードを持っている時代になりました。ネットショッピングの際の決済では、その便利さからクレジットカードを利用する人が非常に多く、計画性を持って利用すればこれほど便利なものはありません。多くのクレジットカードを金融会社のホームページを始め、インターネットニュースなどのバナー広告などで見る機会が増えてくると、申し込みをしてみたい気持ちと共に、どのクレジットカードを選ぶべきなのか迷ってしまう事も少なくないのではないでしょうか。そこで、クレジットカード比較をする場合に気をつけて欲しい注意点などを中心に、どのようなクレジットカードを選ぶべきかなどを紹介していこうと思いますので参考にしてみて下さい。

クレジットカードの種類は豊富。

単純にクレジットカードと言っても様々な種類があります。そこで、クレジットカード比較をする前に、どのような種類のクレジットカードがあるか紹介します。まず、クレジットカードにはグレードがあります。このグレードについては詳しくは説明しませんが、大まかに年会費の有無と利用上限額です。一般カードと言われるカードでは年会費が永年で無料だったり、一年間の利用額が既定の金額以上なら年会費がかかりません。その代り、限度額の上限は低めで、多くても100万円ぐらいです。これにグレードが上がっていくと、年会費がかかる代わりに数百万から限度額なしなどのカードも存在します。年会費はそのグレードに比例して上がっていき、数万円から数十万円の年会費を支払う義務が発生する事になります。

クレジットカード比較で重要なのはポイント。

これからクレジットカードを利用してみようと考えておられる方にとっては、一般カードが利用しやすいと思いますので、一般カードについて比較する時に重要になってくるのがポイントです。いかに多くのポイントを貯める事ができるかが一番わかりやすい比較方法かと思います。単純に、クレジットカードを利用すると、その金融会社独自のポイントが発生します。この還元率はそれほど各社で違いはありません。ここで注意したいのが提携先のポイントも付与されるかです。例えば、現在大手のコンビニなどは、提携グループ等の共通ポイントが存在します。そこで、その金融会社も提携する共通ポイントも付与されるクレジットカードがありお得です。つまり、クレジットカード自体のポイントだけでなく共通ポイントも同時に付与されるカードが最適です。